« 川 | トップページ | 卵タン »

2008年11月 4日 (火)

ランタンの明かり

第2回目のR0013405“十三夜(とうみや)魂のふるさとまつり”
は、今年も晴天に恵まれ、終えた。
 
ランタンは1万数千個 灯された。

富谷町の町民から集められ孔を開けた空き缶、、子供達に絵を描いてもらい、子供達が孔をあけた空き缶、捨てられたろうそくを再生したランタンろうそく、

宿場町であった通りと広場へ、幾人もの思いのランタンを、

広場に天の川銀河を描いた。その中に小中学生が夢を描き、並べたランタン、周りに笹竹ランタン41本を、
(並べた人達だけでも、200人あまり)

朝からの強い風も止み、見事な明かり、

みんなの 思いの明かりが 地上に表れた。

〝ランタンに、町民一人一人のお祭りになるよう願いを込めて〟

|

« 川 | トップページ | 卵タン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川 | トップページ | 卵タン »