2013年12月13日 (金)

見えないもの

Photoようやく放射線量も低くなり

薪も焚ける

(ストーブの廻りは子供さんの工作

 やらで楽しげ)

この恐ろしさを真に

肌で感じられない

新聞では今日も 福島原発の過労働が報じられていた。

何故に 修羅の道をこの国から 

他国へもって行こうとするのか!

    

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

湯たんぽ

Photo_2ブリキ製

長年愛用 黄色の布カバー

大きさ丁度

波もなかなか 温し

楕円愛らしく

抱きかかえて パスもよし!

桜咲き 散りゆく頃まで 股の友

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

存在

Photo貝殻頂く

父島産らしい

肉厚波紋仕様 

17cm×10cm×6cm-560gなり

皿によし

観賞によし

屋根によし!

波乗りによし!

| | コメント (0)

2012年10月31日 (水)

品性

Photo 昭和3年に建った

  洋館によばれた。

色々秀逸な部あり、

  なかでも見事な障子戸あり、

繊細なる桟に簡略な表現ながら

  ゆったりとした情緒あり

川の流れ 澄んだ空気が見える。が、

  目をこらせば船頭が蓑笠をかぶっているようだ

たて桟は時雨に見えてくる!

 “コノ洋館ノユウコウ利用ヤ如何ニ” 

  

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

ちゃわん

P1000593奥の益子飯茶碗がワレた、

 接いだら富士が現れた、

微笑名物ぐらいになりえた
          かと思ったら、

 富士の色が薄くなり、
          欠けも生じた。

そこで、ぶらり街角で

 赤絵沖縄の魚さんが微笑んできました。

 

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

R1010419 今年も僅か

 地震で壊れた漆喰の屋敷蔵戸袋

新年にそなえ

 よろいばり、鷹の羽の

衣装になりました。

 

明治32年より42年完成の意匠が

 少し変わり 平成24年を向かえます。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

風鈴

R0018206_3  以前 いただいて来た

  部品バラバラ 南部ふうりん

 暑い日が続くので せめて音

  下にタコ糸 折り紙で風水をデザイン

 と、までは良かったが、おもくて揺れず

  風が吹いても 鳴らん 知らん顔

 手で鳴らす始末、夏が終わるぞ!

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

雪舟

1101005_stb

三玲氏の庭を捜して、ぜひ観て下さい。下手な写真では伝わりません。まずは京都の東福寺へ、庭の概念がかわります。

 ・

島根の雪舟の庭 (これまた、写真ではダメです。)

                  重森三玲氏 修復

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

インカ紋様

1090979_img3 島根の庭(小河家)・・・

  アプローチの切り石 

  門を くぐり

  このしつらえが 

  もう ただものではない

  角を 曲がる・・・・・・

    ‘息をのむ ニワ が在る。’

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

色・色

R0017506 点検です。その建物の個性があり、

  住んでいる人の

  思い おもいの個性が表れます。

米杉の外壁ですが、やっとグレーになってきました。こちらの思いより、少し緩やかに時は進んでいるようです。

Img_3790 現在進行中の外壁杉板張りです。赤味の板ですが、渋い濃いグレイで、カナダ生まれの水溶きの塗料です。時が経つと、シルバーグレイになります。

板の種類と、場所と、思いにより、色はついてきます。

 面白し ・・・・・

 難し ・・・・・

 悩まし ・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧