2014年1月24日 (金)

上棟式

Photo_2

祭壇をととのえ

身を引き締め

工事の無事を祈ります。

太い柱の立ち並ぶ空間

秋田の森から 

この土地に 

 姿をととのえ 

杜の匂い

 祈りの場となります。

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

時間

Photo先日暑い日

2時間半におよぶ

地鎮祭が行われた

9人の見事な読経のなか

厳かにリズムは流れ 放たれ

地は清められた

これからの道のりの尊さと 

身の引き締まる思いを受ける。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

Photo本能に

  ありやなしや

美は 汲めるか

  見えざるか

さても さても

  なやましき 曲がりのたわ言                          

                         小林千年さんの庭林にて

  

  

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

役目

R0019907 南鍛冶町の金物屋さん

    解体となります。

丹精な造りの 各部分

    記憶の彼方へ

磨きあげられた 建具一部は

    定義山の飲食店にて

再生となります。

    壊すのは簡単 役目はまだ まだあるのです。

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

即今

R0018851 北の町にて通い徳利を見つけた

富谷町の酒屋さんのもの

高田徳利といい美濃焼らしい

とても勢いのある字が素晴らしい

今は使われない為 見向きもされないが

形と字の妙 たいへん良い。

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

R0017150 栗駒高原駅近くの工務店へ行く途中、

20年前位に設計した長沼艇庫へ寄る。

懐かしいのであるが、かわいらしい。

うまく使ってくれているのだろうか、と気ぜわしい。

今でも、公共の物でも 思いは同じ

 “シンプルで、使いやすく、五感にやさしい”

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

煙草のけむり

R0015061

  続

   会議は踊る

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

迎春

R0014205  

鳴子塗り椀  

西京白味噌(本田製)雑煮        

             

                                  

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

R0013097 “富谷町 のニの関”地区

  黄金の

   風景

  皆んなで

   創る

   R0013042_2

    

 

 

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

クイボ螺旋の柵

00000032 ドームはハウス(温室)の、おさがりで張った

ネットを外郭に回した

腰掛を杭2本で造った

後は山砂で整地

00000033これからゴーヤが緑幕で囲んでくれる

ひまわりが辺りに咲く頃 

“対数螺旋の柵2008”の完成

| | コメント (0)

より以前の記事一覧